FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

医療保険における費用対効果

一昨日だったと思いますが、NHKのクローズアップ現代で医療保険の「費用対効果」についてが語られていて、興味深く見ました。
私も過去記事に書いたことがありますが(参照)、少子高齢化の進展により医療費も増える一方で、そろそろ医療保険全般のあり方について見直す時期が来たのだと思います。
国民健康保険法の制定は昭和33年ですから、そこから「国民皆保険」制度がスタートしたと考えてよいでしょう。
会社員などが加入する健康保険については、健康保険法の制定が大正11年ですから、ずっと歴史があることになりますが、国民健康保険制度により、全ての国民が何らかの医療保険に加入して、ほぼ同レベルの治療が受けられる体制が整ったわけです。(現実には地域格差、病院のスキルの問題などいろいろな格差がありますが)

続きを読む

PageTop