FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

年金支給開始70歳について考える。

昨日、医療保険について書いたので、ついでと言っては何ですが最近ちらほら聞こえてくる「年金支給開始70歳」についてちょっと考えてみたいと思います。
今の年金制度は、現役世代が支払う保険料を給付に回しているので、少子高齢化により現役世代が減り、給付を受ける立場のシニア世代が増えると財政のバランスは厳しくなります。
特に、制度ができたときに比べて寿命が延びていて、年金を受給する総年数が増えていますから、財政的にも厳しくなっているというのが厚生労働省の言い分です。
厚生労働省では、平成19年から「70歳まで働ける企業推進プロジェクト」を立ち上げていますが、昨年もその成果について発表されています。(
参照)
「70歳まで働ける企業」をたくさん作るように、各地でシンポジウムやセミナーなどを行い、実際にそういう企業が前年比2.8ポイントの増加で、事業の効果が見られると自己評価しています。
これって、やっぱり年金支給開始年齢と連動していくんじゃないかと見るのが妥当でしょう。

続きを読む

PageTop