FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

本人が死亡したときの退職金

今、ある会社の退職金規程を見直しています。
退職金の見直しというと、高度経済成長期などにいわば大盤振る舞い的に作った規程が、低成長時代になると払いきれずに見直しをするというパターンが多いのですが、その会社は特にそのような問題はなく、業績も順調なのですが、内部留保の他に適格年金で外部積み立ても行っていたために、その部分を中小企業退職金共済に移行するための規程の見直しです。
それでも、規程を読み込んでみるといくつか気になる点もあり、それらは修正していかなくてはいけないだろうなと思っています。
ひとつは、社員が死亡した場合の退職金の支払について、民法の定めるところに従い遺族に支給するとあるのですが、これは見直した方がよいと私は考えています。

続きを読む

PageTop