FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

標準報酬月額の保険者算定の改正

昨日、専門用語が多いと話がわからなくなると書いたばかりですが、今日の題名はまさに専門用語ばかりでわかりにくいと思います。
まずは、「標準報酬月額」から。
会社員などは給料から健康保険料と厚生年金保険料を差し引かれていますが、それぞれ決められた保険料率を給料にかけて保険料を算出しています。
残業代などが変わりますから、給料は毎月違うことが多く保険料の計算が煩雑になってしまいます。
事務処理を簡略化するために給料を一定の範囲ごとに区切って等級化したものが「標準報酬月額」です。
標準報酬月額は毎年一度、4月から6月までの給料の平均額に基づき決めます。年度の途中でも2等級以上の変化があってそれが3箇月続いたら、別途届出をして等級を変えることもあります。
「保険者算定」というのは、通常のやり方だと実態と合わないような、4~6月の間ずっと休業中だったとか、3月以前にあった昇給分をまとめて5月に支払われ、通常の給料とは著しく違ってしまう月があるなどの場合に、保険者(協会けんぽ、健康保険組合、日本年金機構)が、著しく違う月を除いて、平均額を出して標準報酬月額を決めることを言います。
この「保険者算定」については、どういうときにそれを行うかが限定されていましたが、今年の4月から健康保険法、厚生年金保険法が改正になり、一つ増えることになりました。

続きを読む

PageTop