FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

相談業務というのも疲れます。

昨日、地元金融機関の電話年金相談で、金融機関の担当の人によると毎月かけてくるというような相談好き?なお客様のお相手をしました。
その方は一方的に話しまくるタイプで、こちらがちょっと何かを言うと、今度はその言説をとらえて話の方向が180度変わってしまうような感じで、いつ果てるともないお話が延々と続くというタイプでした。それも怒りを含んでいる雰囲気です。
かなり話したなという頃合を見計らい、「では、〇〇さんはこのことについてお知りになりたいんですね」と確認すると、「まあ、そうですね」とおっしゃったので、それはある官庁の所在地と電話番号なのですが、手持ちの資料ではわからないため、折り返しお電話することになり、
「いったんお電話お切りしますので、少しお待ちになっていてくださいね」
とお願いすると、「はい、じゃあ、よろしくお願いします」と45分間ぐらいの長電話に終止符が打たれたのです。
これは、尋常ならざる電話だと思いましたので、一応、金融機関の担当者の方に報告の電話をすると、前述のようによくかけてくる「名物相談者」ということがわかったのです。

続きを読む

PageTop