FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働組合について考える。

昨日記事にした講習会でお会いしたある社労士の方に、関与先で労働組合ができたということを立ち話的に聞きました。
その会社独自で作った労組ではなく、全国的な労組の支部というような形で作ったという最近よくあるパターンです。
労働組合の組織率はどんどん下がり続け、今は18%ぐらいと言われていますが、昨年あたりパートタイマーの組織率が上がったということがあったと思います。
折りしも、昨日、厚生労働省では平成22年の労働争議の統計調査を発表しています。(
参照)
労働争議というのは、労使の話し合いで折り合いがつかず、ストライキ(同盟罷業)やそれに対する使用者側の対抗措置としてのロックアウト(作業所閉鎖)、さらには労働委員会へのあっせん、調停を申し立てるなどに発展したトラブルを言います。
ですから、労使の話し合いで解決できたようなものは含まれていません。
統計をみると、10年ぐらい前に比べると明らかに件数は減り、ここ数年はあまり変化がないというのが、ごくごく大雑把なイメージです。

続きを読む

PageTop