FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

年金をあてにしないということは?

今朝の朝日新聞に厚生労働省の調査結果として、「年金をあてにできない」とする人たちが20~30代の若い世代で増えているということが掲載されています。
老後の設計で公的年金を最も頼りにする人が65歳以上では8割近いのに対し、20~30歳代では4割にとどまっているそうです。
20歳~30代というと、自分の老後のイメージそのものが湧かないということがまずあるかなと思います。
また、その世代の親世代もまだまだ元気で若々しい人が多いだろうし、年金を受け取ることに対する意識も、現実に受け取っている65歳以上の人とは違うのではないかなとも思います。
また、年金が破綻するのではないか、払い損なのではないかというような思いも若い世代ほど強くあるようですし、そんなことも影響している結果だと思います。

続きを読む

PageTop