FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

添乗員の事業場外みなし労働否定の高裁判決

以前過去記事で、事業場外みなし労働時間制について書きました(参照)
そこで書いた裁判例では、海外旅行の添乗員についてみなし労働時間制が適用されるのか争われましたが、労働者側の要求額の半分ぐらいが認められています。
みなし労働時間制として認められれば、会社側はみなし労働時間として決めた分だけ賃金を支払えばよいのですが、みなし労働時間制が認められなければ一日8時間を超えた労働について割増賃金が発生することになります。
そのあたりが労使トラブルのもととなります。
過去記事に書いた裁判例では、「労働時間を算定し難いとき」に該当するとして、みなし労働時間制を認めましたが、計算し直すと一部未払い分が生じて要求額の半額ぐらいが認められた判決となっています。
この同じ旅行会社では、他にも訴訟を提起されていて、こちらは一審ではみなし労働を否定され、労働者側の要求額全額(約112万円)を認めています。
先週その控訴審判決があって多少の減額はあったものの、一審同様みなし労働を否定しています。

続きを読む

PageTop