FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

パートと正社員の違うところ(2)

昨日の続きです。
パートと正社員の違いをざっと並べてみましたが、一般的には正社員に比べて身分的に不安定で賃金その他の労働条件も不利になりがちだということが言えると思います。
女性の場合、配偶者の被扶養者のままでいるために働こうと思えばもっと働けるけれど時間を調整して少ない労働時間でいるというのはよく聞く話です。(過去記事参照)
年収103万円以下であれば所得税を払わなくてもよい、100万円以下であれば住民税もいらない。
年収130万円未満であれば、社会保険について配偶者の被扶養者となり、配偶者が会社員等であれば健康保険は保険料負担なし、厚生年金保険は第3号被保険者としてこれも保険料負担なくして将来基礎年金だけは受け取れます(25年間の受給資格期間を満たす必要あり)。所得税と住民税については、103万円を超え141万円未満までの年収の場合には、配偶者特別控除があり、世帯全体として見た場合には手取り額が減らないようになっている。と、厚生労働省のパートタイマーに関する小冊子(
参照)の47ページにあります。
この小冊子にはパートタイム労働法について解説がありますので、興味のある方はご一読ください。
私は、税金は専門外なのでよくわかりませんが、社会保険については例えば130万円というと月収にすると108,333円です。

続きを読む

PageTop