FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

第3号制度の弊害

国民年金には第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者という種別があり、原則として20歳以上60歳未満の国民はどれかになっているはずです。
第2号被保険者とは会社員、公務員などで勤務先の厚生年金、共済組合などの制度に加入している人。その被扶養配偶者が第3号被保険者、それ以外の自営業者とその配偶者、学生等は第1号被保険者です。
第3号被保険者については、第2号被保険者に扶養されている人ですから、年収130万円未満(重い障害のある場合は180万円未満)という要件があります。
第3号被保険者になると、第1号被保険者が各自で支払っている国民年金の月額約15,000円(今年度額15,020円、年度ごとに変わります)を自分で負担することなく、将来第1号被保険者と加入月数が同じであれば同額の老齢基礎年金を受け取ることができます。
第3号被保険者の国民年金料は誰が払っているのかというと、配偶者の所属する厚生年金等の制度全体で基礎年金拠出金として納めています。
この制度は昭和61年4月1日から施行となっていて、それに先立ち昭和36年4月1日から始まった「国民皆年金」制度では、専業主婦はどこの年金制度にも属さず、任意で国民年金を納めれば将来年金があるというに留まっていました。任意のため納めていない人も相当数いて将来無年金となることが心配され、この制度ができたものと思われます。

続きを読む

PageTop