FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

人事評価制度を正しく運用していない会社

私は賃金制度についてそれほどしっかり勉強しているわけではありませんが、社労士としては一定以上の知識は必要だろうと、それなりに情報を仕入れています。
今日、新聞の労働欄の片隅にある読者の投稿で、自己評価制度について書かれているのが目にとまりました。
その投稿者の会社は、一昨年から3年かけて賃金を30%下げることにしたそうで、昨年からは自己評価制度も取り入れているそうです。
投稿者の場合、6段階のうち真ん中より一つ上のランクにして提出したところ、一段階下のランクが適当ではないかと、厳しく書き直しを命じられたそうです。
この会社の場合、評価制度を賃金減額の口実に使っているふしがあると投稿者は書いています。
評価制度は、賃金の昇給などに反映させるという役割もありますが、本来は、社員の能力を正しく把握し、指導、教育に役立て長期的な人材育成を視野に行った方が、会社にとっては有益なはずです。

続きを読む

PageTop