FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

65歳までの再雇用義務化の衝撃(2)

先週、厚生労働省が65歳までの再雇用の義務化を法制化する方針を決めたらしいということが報道され、当ブログでも記事にしました。(参照)
それについて労働政策審議会が今後の高年齢者雇用対策についてのたたき台というのを出しました。(
参照
)
現在、多くの企業で60歳定年制をとり、その後65歳までの雇用確保のために継続雇用制度を導入しています。いったん定年とした後、労働条件を変えて(大幅に引き下げる場合がほとんど)再雇用するというものです。
ただし、希望者全員雇う義務はなく労使協定により再雇用する人についての基準を決めることができます。
その基準から外れる人は再雇用しなくてもよいわけで、企業としてはある程度の選別ができることが認められています。
しかし、そのために再雇用から除外されてしまう人が出ると、今後、平成25年度からは特別支給の老齢厚生年金の支給開始が61歳からとなり、60歳で定年になった後無年金、無収入になる人が出てくるとして、厚労省としては対策に乗り出したということが冒頭に書いてあります。

続きを読む

PageTop