FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働者の受給権が強い中退共制度

今年の初め頃、私の関与先で適格退職年金制度から中小企業退職金共済制度(略して中退共と呼んでいます)に移行した会社があり、それに伴い退職金規程を大幅に修正したため、その頃退職金について随分勉強しました。
一般の方は退職金制度などあまりご存知ないと思いますが、どちらも、従業員に対する退職金を積み立てて準備するための制度です。前者が来年3月末で廃止されることになったため、前者を利用していた会社は他の制度への移行をしなければならず、中小企業の場合、そのうちの一つの選択肢が後者であるというわけです。
他にも確定拠出年金、確定給付企業年金制度などがあります。
この中小企業退職金共済は主として常時雇用する従業員が300人以下(又は資本、出資の額が3億円以下)の会社が加入できる共済制度で(業種により加入条件が変わります)、中小企業退職金共済法という法律があります。
会社が従業員個人個人に掛金を決めて、会社が全額積み立て従業員の退職金のための準備金とするものです。
退職するときは、従業員個人が共済制度からじかに退職金を受け取るため、労働者保護が強い制度です。

続きを読む

PageTop