FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

かけもちで働く場合の「時間外労働」

昨今、厳しい経済情勢の中、会社が終わった後や休日にアルバイトをしたり、正社員になれずパートをかけもちしたりする人も増えているようです。
労働基準法では、原則として1日8時間、1週40時間を労働者の労働時間の限度としています。
それ以上、働かせる場合は、すなわち残業させる場合は、どれぐらいの時間残業するのか労使協定を結び届け出なければなりません。
また、賃金面から言うと、1日8時間、1週40時間を超える労働については通常の賃金よりも高い割増賃金を支払うことになっています。
では、二つの異なる事業場で働いたがために、1日8時間、1週40時間を超えてしまった場合、やはり割増賃金は発生するのでしょうか。
そして、それは誰が負担するのでしょうか。
先週、懇意にしている社労士仲間との勉強会でそんなことを勉強しました。

続きを読む

PageTop