FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

介護は受益者負担を増やすべき

介護保険制度は、平均寿命の延び、核家族化や単身世帯の増加などにより家庭で介護を担い続けるのは困難だということで2000年4月から発足しました。
それまで主として家庭で担ってきた介護を、社会全体で担うという発想です。
原則として、40歳以上の日本在住の人全てが被保険者となり保険料を負担します。費用の50%は税金で、50%は保険料でまかなっていて各地方自治体が運営しています。
各自治体から認定されれば、利用者は費用の1割負担で様々な介護サービスを受けることができます。(原則として65歳以上の介護保険第1号被保険者が利用できる)
発想自体は素晴らしいことと思います。
介護が必要になったときにどうしようと思い悩むことがなければ、誰でも安心して老後を過ごすことができます。
しかし、社会全体で担う介護の負担を誰がどれだけ負担するのかという話は難しい問題です。お金が有り余っているわけではないからです。
厚労省の発表によると、2000年度の介護費用は3.6兆円でしたが、今年度は8.3兆円になる見込みとのことです。

続きを読む

PageTop