FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

バッハの調べに酔った日

人はバッハを「音楽の父」と呼びます。
確かにそのとおりだと思います。バッハの調べはクラシック調だけではなく、ジャズやポピュラーなど様々な形にアレンジしても全く違和感がなく聞くことができます。
サラ・ヴォーンの「ラヴァーズ・コンチェルト」なんて、見事にはまっていてびっくりします。
私は、ベートーヴェンやモーツアルトもいいと思うけれど、やはりバッハは別格だと思っています。複雑な音楽理論はよくわからないけれど、対位法という複数の旋律を複雑に組み合わせる手法をとっているそうなのですが、私には、広々とした宇宙的空間の広がりが感じられる音楽で、その感じは他の作曲家にはないものです。
気持ちがふさぐ時には作品1042のバイオリン協奏曲、気分を高揚させるためには管弦楽組曲などいつも聴いています。
昨日、私が友の会の会員になっている都内下町のホールで「バッハ・フェスティバル」というコンサートがあり、私は会員先行販売でいい席をゲットして、朝11時から夕方5時までバッハの調べに酔ってきました。

続きを読む

PageTop