FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

育児・介護休業法更なる充実を

あるお母さんから以下のような相談を受けました。
「会社がサマータイム制となり、通常8時半~17時半までの就業時間が7時半~16時半までとなった。3歳になる子を保育園に送るため7時半出勤は無理なので、通常どおりの勤務時間にしてほしいと願い出て、昨年はOKだったのに、今年はだめだと言われ、朝遅刻扱いとなり給料〇万円を引かれてしまった。
会社は、16時半で終えて一斉にみんなが帰るわけではなく、残業する人もたくさんいるので、自分が17時半まで働くことについては、何の問題もないはずなのに。」
今年の7月から100人以下の事業所でも、3歳未満の子を養育する労働者に対して、請求があれば、残業免除や短時間勤務制度(原則1日6時間)を行うことが義務づけられます。
最初の相談はそれらの措置ではなく、始業、終業時刻をずらす措置をとれば、「遅刻扱い」とならないですむわけですが、育児・介護休業法では3歳までは、それが義務、3歳から小学校入学までは努力義務となっています。

続きを読む

PageTop