FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

私ってこの仕事向いてないのかなと思うとき

昨日、話題の映画「少年は残酷な弓を射る」を観に都内まで出かけたのですが、最後の回まで既にチケットが完売でした。
あら、まあ、ということで、日比谷の映画街から銀座4丁目までの間の映画館をぶらぶらとのぞいて、観たい映画を探してみたのですが、ぴんとくるのがなくやめようかとも思いましたが、ある映画館で「ファウスト」をやっていて、それほど混んでないようだし始まるまで20分ぐらいというタイミングの良さもあり観ることにしました。
ゲーテ原作ということは知っていますが、私はゲーテ作品は詩集と「若きウェルテルの悩み」は10代の頃何度も読みましたが、「ファウスト」は読んでいません。多分原作のイメージを映像化したものだろうぐらいの感じでいましたが、これがなんとも暗く(白黒だったこともあり)、はっきり言って私には醜悪としか見えませんでした。
3時間近い大作でしたが、少しもいいと思えませんでした。いっしょに観た相方(夫)も同様な印象だったらしいので、私達の感覚には合わなかったとしか言いようがないようです。
何事も相性があるようですが、最近、私は社労士という仕事と自分の相性ってどうなんだろうと考えてしまうことがあります。

続きを読む

PageTop