FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

国民年金の未納分が10年間遡れることに

わが国の年金制度では、20歳以上60歳未満で国内在住の人は必ず国民年金の被保険者となっています。
会社員や公務員は厚生年金制度や共済年金制度に加入していますが、第2号被保険者として制度全体から拠出金として国民年金の保険料も納めています。それ以外の自営業者、パートタイマー等で勤務先で厚生年金等に加入していない人は、第1号被保険者として自分で保険料を納付することになっています。
今年度額は月額14,980円です。ずっと第1号被保険者だった場合に40年の納付で受け取れる年金額は今年度額786,500円(老齢基礎年金)です。
厚生年金や共済年金に加入している人は、基礎年金部分に上乗せする形で各制度で納めた分(給料の高い人ほど保険料は高い)に見合った年金額が上乗せされます。
基礎年金部分は満額で786,500円(今年度額)ですから、納付した月数に応じて月数が減れば、その分減っていきます。
年度により保険料が変わりますし、年金額も変わります。かなり大雑把な計算ですが、1年分納めるごとに約2万円年金額が増える計算です。

続きを読む

PageTop