FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

年間休日日数は何日?

今週は夏休みも終わり暑さにうんざりしながら仕事に戻った方も多いと思います。
夏休み等も含めて、労働者は最低限年間何日の休日が必要なのか。という計算はそんなに難しくありません。
労働基準法では原則として1週40時間、1日8時間と労働時間の限度を決めています。ですから、365÷7×40≒2085時間が1年間に働ける限度時間、それを1日の限度時間8で割ると約260日という数字が出てきます。
ですから、ぎりぎり働いて260日、365日から260日をひくと105日となり、これが1年間に最低限必要な休日日数ということになります。
転職雑誌を出しているある出版社が56業種の25~34歳のビジネスパーソン5000人を対象に調査したところによると、平均の年間休日日数は124日と出ましたとあったので、読んでみると、内訳に有給休暇10日、特別休暇(忌引き等か)1.5日とあり、休日と休暇をごっちゃに考えているようです。

続きを読む

PageTop