FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

定年後も働く場を確保する

来年4月から厚生年金の報酬比例部分の支給開始年齢が61歳になることを受けて、高年齢者雇用安定法が改正されることは過去記事にしました。(参照
60歳で定年となったとしても、原則は65歳まで希望者全員を正社員でなくともパート、嘱託等でもよいのですが雇用する、経過措置として現行の労使協定による雇用拒否については、報酬比例部分の年金を受給し始める人から適用するというものです。
この経過措置期間は平成37年4月1日までです。
厚労省によると、労使協定の基準により雇用されなかった人の割合は1.8%ということですから、この際、経過措置なんてケチくさい?ことはやめ、もう全員65歳まで雇うとしたらどうでしょうか、と、今週訪問予定の関与先には話をするつもりでいます。
折りしも、トヨタ自動車では来年にも愛知県豊田市に作業速度を大幅に落とした生産ラインを作り、定年後の再雇用者を中心にして、働く場を確保しつつ技術の伝承と人材育成も目指したいと発表しました。

続きを読む

PageTop