FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働契約法改正で終身雇用に?

昨日、所属する研究会の定例会ででた話題です。
1年ごとの有期雇用を繰り返して特に定年の定めがない会社(現実にはあまりないと思いますが、業種によってはそういう会社もあるようです)の場合、今までは、ある程度の年齢で期間満了の際に契約を更新せずに雇止めをしていました。
しかし、労働契約法の改正により5年を超えて有期雇用を繰り返していた場合には、労働者側が申し出をすれば、期間の定めのない雇用契約にしなければならないため、定年の定めがないと、解雇しない限りはずーっと雇い続けることになるというわけです。
その会社は、実は就業規則もないそうで、10人以上いればとりあえず早急に就業規則を作るのが先だと思いますが、そこで、今までなかった定年制を定めたとしたら、不利益変更の問題(合理的な理由がないと不利益に規則を変更できない)が出てくる。もちろん、個別に全社員の同意を得られればそれでよいわけですが、同意しながらも何となく不満を持つ社員がいたりすると、トラブルの芽を抱えることになりかねません。

続きを読む

PageTop