FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

解雇に2000万円かかる?

同じ支部の仲良しの社労士と勉強会で同席したとき、先月支部に講演にきた新進気鋭の弁護士さんの話として、「使用者が不当解雇を申し立てられた時に仮処分で給料を支払わされ、本裁判で負けてまたまた給料を支払わされ二重払いになり、大変な額がかかる。」と言っていたというのです。
その講演の演題は「社労士は労働法をこう使え!」というもので、祝日で予定があり、私は出席しませんでした。
仮処分とは、あくまでも暫定的・仮定的になされるもののはずで、それっておかしくない?後で精算されるはずだよねと前述の社労士に確認しましたが、その弁護士さんがそう言っていたというので、彼女に講演の資料を送ってもらいました。
確かに、二重払いになるということが図表化されて書かれています。
私は、民事訴訟法は選択科目だったため勉強していないし、仮処分は民事保全法でほとんど門外漢なのですが、納得できないなーとネットで検索してみました。

続きを読む

PageTop