FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

高年齢者雇用安定法の私法的効力

改正高年法(高年齢者等の雇用の安定等に関する法律)については、昨年から今年にかけて過去記事にしました。(過去記事①) 、(過去記事②)、そのうち、②の最後の方で、今後定年後の労働条件の引き下げについて何らかの裁判例がでてくるかもしれないと書きました。
現在、高年法では、65歳までの雇用確保措置を企業に求め、例外として定年後に再雇用するか否か、労使協定により合理的な基準(恣意的な選別の余地のない明確な基準)を設けて選別してもよいことになっています。
ここ1、2年の間に前述の労働条件の引き下げについては例がありませんが、基準による選別で再雇用されないことについての裁判例がいくつか出ています。
労働者側が勝ったものもありますが、どちらかというと労働者側の請求(地位確認請求=再雇用しないのは無効だとの訴え)を棄却(労働者側の負け)したものが目につきます。

続きを読む

PageTop