FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働契約法改正による5年の雇止め

4月から施行の労働契約法の改正により、有期労働契約を継続して反復更新して5年を超えると無期契約に転換しなければならない(労働者の申込があった場合)となり、企業としては、5年を超える更新はしないという契約を最初からしておけばよい、それって脱法行為的だなーというような記事は過去記事にしました。(過去記事参照)
施行を目前に控え、セミナー、雑誌での特集記事と私もそれなりに勉強しています。
大方の弁護士の意見は、施行後新規に契約する場合は、5年を超える更新はしないということで、最初によく説明して同意して契約をしていれば、法律的には認められるだろうというものです。そもそも同意がなければ契約には至らなくても問題ないわけですから、法律的にはそれでよいわけです。
それまでずっと更新をしていた場合には、労働者との同意があればよいですし、同意がとれず雇止めした場合は、前述の過去記事にある「雇止めの判例法理」により判断されることになります。

続きを読む

PageTop