FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

メーデー雑感

今日は労働者の祭典と言われるメーデーで、全国各地で労働者の集いが開催されます。
一般の方は「労働者」という言葉にあまりなじみがないと思いますが、労働基準法をはじめとして労働法関係の法律を見ていく上で労働者であるのかないのかは重要なポイントです。
「労働者」という立場だからこそ各種労働法が適用となり、様々な保護、権利が与えられるからです。
労働基準法では「職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で賃金を支払われる者」と規定しています。(労働基準法第9条)
イメージとしては雇われて働いて賃金を受ける人、というようなところでしょうか。雇われて働くということは雇い主の指示を受けて働くことであり、みずからの労働力を他者に提供しているわけです。「労働力」というのは保存がきかず、売れそうなときを見はからって倉庫からだしてきて高く売るなどということはできない。他の労働者との競争も激しい。
というわけで、自由資本主義経済では労働力を買う資本家の方が圧倒的に立場が強くなり、常に労働者は不利にならざるを得ない。
労働者が不利になるということはその家族も困窮することになり、しいては労働者が多数を占める社会全体にも悪影響を及ぼす。ゆえに法律での保護が必要というのが大抵の関連書籍には書いてあります。

続きを読む

PageTop