FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

公益通報者保護法を読む

昨日、所属する社労士会の研究会の例会があり、そこで「公益通報者保護法」についての原稿が提出されたため、私も同法を読んでみました。
これは、平成16年制定ですから、比較的新しい法律です。
自分の働いている会社などが、よろしくないことをしている場合、労働者としては労働基準法違反については、労働基準監督署に申告することができます。
しかし、労働基準法は労働時間、休暇、休日、賃金など限られた事項、主として労働者の労働条件についての最低基準を定めていますから、それに当てはまらない会社の不正行為については告発の手段がなかなかなかったわけです。
公益通報者保護法では社会的利益を損なうような行為について、関係行政機関やその他必要があると認められる第三者に通報することができるとして、それをした労働者に対する解雇などの不利益な取扱を禁止し、労働者保護とともに企業の法令遵守を促す目的があります。
公共工事の談合、不正な経理操作、リコール隠しなどがよく明るみに出て問題になりますが、内部告発の場合も相当あり、裁判例なども積み重なってきたための立法です。

続きを読む

PageTop