FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

年金切り替え漏れ救済法案成立

現在の年金制度では、20歳から60歳までの国民は原則として国民年金の被保険者となります。自営業等会社などに雇われていない人は第1号被保険者、公務員、会社員(役員含む)などは第2号被保険者、第2号被保険者の扶養家族となっている配偶者は第3号被保険者となります。第3号被保険者は主として専業主婦(夫)というようなイメージです。
第3号被保険者については、原則として年収130万円未満が条件です。国民年金保険料を自分で納めなくても、配偶者が所属する制度全体で拠出金を負担するため、一定の要件を満たせば将来加入期間に応じて基礎年金を受け取ることができます。
他方、第1号被保険者の配偶者は収入がない又は130万円未満で扶養されていても自分で国民年金保険料を支払わなければ将来基礎年金は受け取れません。
このあたり、配偶者の職業により同じ年収のパートタイマーであっても国民年金保険料を支払う人と支払わない人がいる、また、第3号被保険者分は制度全体から拠出して支払うため、その制度に属している独身者や共働きの人が不公平感を持つという問題があります。

続きを読む

PageTop