FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

少子化対策はやはりお金だと思う

先ごろ、政府の「平成25年版 少子化社会対策白書」が発表されました。(参照) サイトで公開されているpdf版をざっと読んでみました。
2005年に1.26で過去最低だった合計特殊出生率(一人の女性が一生に産む子どもの数)はその後微増して、2011年は1.39です。それでも低水準です。
2014年まで1.39で、その後微増したとして50年後の2060年には、日本の人口は8600万人になるだろうとしています。(2010年は1億2000万人)
現状で目立つのは、1980年から急上昇している男性の未婚率です。25歳から29歳までの未婚率は55%から70%に上昇していますし、男性の生涯未婚率(50歳時点で未婚の人の割合)は2.60%から20.14%まで上がっています。
女性も上がってはいますが、男性ほどの幅はありません。

続きを読む

PageTop