FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「名ばかり管理職」に労災認定

当地は、先週末梅雨明けしてから猛烈な猛暑に見舞われています。
今朝、車に乗ったら車内の温度センサーが34度になっていてびっくりしました。外気温を検知してダッシュボードの上に表示されるようになっているのですが、朝からこれでは昼間は何度になるんだろうと暑さが苦手の私はうんざりです。
そんな猛暑が始まった先週末、興味深いニュースがありました。
取締役とされていた男性の過労死について、管轄労働基準監督署が労災と認めたというニュースです。
労働基準法をはじめとする労働法は「労働者」を保護するための法律ですから、法律上の「労働者」でなければ適用対象とはなりません。(
過去記事参照)
取締役となれば、通常は労働者を雇う側になりますから、労働法の適用対象とはなりません。
しかし、実態として労働者性が強ければ「労働者」として労災などの適用対象となる場合があります。

続きを読む

PageTop