FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

事業所に社労士が関与することの意義

マタニティ・ハラスメント(妊娠、出産を理由に女性労働者が不利益取扱を受けること)については、過去記事にしたことがあります。(参照)
今朝の朝日新聞でそのことについて取り上げられていました。特に、パートなどの立場の人が妊娠したことによって雇止め(次期の契約の更新をしないこと)されるというような例があり、多くは泣き寝入りしてしまうそうです。
個人が会社という組織に立ち向かうのは、大変なエネルギーのいることですし、特に妊娠中はなるべくストレスなどは避けなくてはなりませんから、そうなるのも無理からぬことと思います。
中には、泣き寝入りしないで裁判まで起した人もいるようですが、まだまだ少数派です。
新聞記事中には、そのような場合は労働組合や弁護士に相談するようにとありました。
残念ながら社会保険労務士という文言はその記事中一言も出ていませんでした。

続きを読む

PageTop