FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

今後「雇止め」トラブル増加か?

今朝の朝日新聞の片隅に、不当な雇止め(契約更新しないこと)として提訴した事例が掲載されていました。
あるコーヒーチェーン店にアルバイトとして3か月ごとの契約を更新し続けていた女性が、通算9年働いていたのに今年6月雇止めされたことについて、不当だとして訴えたとのことです。
雇止めについて明確な理由は示されていないそうです。
労働契約法の改正により通算5年働いた有期雇用者について、本人が申し込めば無期契約に転換しなければならない(今年4月1日以降カウント開始)ため、長く働いた人についてそれを避けるために早々契約を打ち切っているのだろうと、原告側は主張しているそうです。
労働契約法の改正では、有期契約を無期契約に転換するというところが大きく話題になっていますが、実は、雇止め法理の条文化も企業にとっては重要なポイントになると思います。

続きを読む

PageTop