FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

多様な家族を受け容れる?違憲決定

最高裁判所には「一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所」としての権能が憲法で認められています。(憲法第81条)
しかし、憲法公布後60年以上たっても違憲判断が出たのは、昨日で9件目だそうで、最高裁は違憲判断を避けているかのごとくに見えなくもありません。
ですから、最高裁の違憲判断は相当重いものとして受け取らなければならないでしょう。
特に、今回の婚外子差別に対する違憲判断は裁判官全員一致ですから、違憲状態だということがはっきりしていて、早急に何とかしないといけない状況と考えることができると思います。

続きを読む

PageTop