FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働法の精神を踏みにじる特区構想

安倍政権は、従業員を解雇しやすくしたり、一定の収入があれば時間外手当をなくすなどの、国家戦略特区を設ける構想を打ち立てているようです。
報道によると、現在の解雇は「社会通念上相当」な理由がなければできませんが、特区では労使の契約により「遅刻したら解雇」というようなことも成立するとあります。
現行の法律では、1回ぐらいの遅刻で解雇はまずできませんが、そういうことも可能になるとあります。また、一定の年収があれば労働時間の規制を外すという以前ぽしゃったホワイトカラーエグゼンプションも復活させたいようです。
それらは、開業5年以内の企業に適用して、起業やベンチャー企業の進出を促すということだそうです。
その他にも外国人労働者の比率が3割以上であれば、有期契約を5年繰り返しても無期雇用にしなくてよいとして、外国企業が進出しやすくするそうです。

続きを読む

PageTop