FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

うつ病が業務災害になった場合

昨日、個人的な勉強会である判例(東芝(うつ病・解雇)事件東京高裁判平23.2.23)を勉強しました。
うつ病になり休職し、休職期間が満了しても復職できなかった社員を規程どおり解雇とした会社に対して、労働者側が解雇無効を訴えた事件です。
一審の東京地裁では労働者側の言い分がほぼ認められますが、一部について不服として労使双方が控訴した結果がこの高裁判決です。
大筋の考え方では地裁の判断と同様ですが、一部修正しています。
うつ病になった社員について休職期間が満了しても復職できない場合、多くの会社では、自動退職または解雇というような規定になっていると思います。
この事例も、会社としては就業規則どおりの対応をしたものですが、ひとたび、うつ病の原因が業務に起因するとされると、簡単には解雇、退職というわけにはいかなくなります。

続きを読む

PageTop