FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

休職期間中の社会保険料

先週、所属する社労士会の研究会で実務的に興味深いやりとりがありました。
私傷病で休職期間中の社員の社会保険料(健康保険料と厚生年金保険料40歳以上は介護保険料含む)を、健康保険から給付される傷病手当金から控除できるかということです。
普通、休職期間中の賃金は無休としている会社が多いと思います。
しかし、社会保険料については在籍している限り納付しなければなりません。納付義務者は会社(事業主)です。(健康保険法第161条)
給料、賞与から社会保険料が控除できることが認められているため(健康保険法167条)、給料から毎月本人負担分を差し引いて会社負担分と併せて納付していますが、休職して給料なしとなるとそれができなくなります。
本人負担分については、会社がいったん立て替えて後でまとめて支払ってもらうとか、毎月本人に会社口座に振り込んでもらうとか、就業規則等で決めていると思います。
しかし、精神疾患などの場合、本人と連絡がとれなくなったりすることもあり、本人負担分について回収できなくなるというようなこともあるようです。
なお、雇用保険については、支払った給料に応じて保険料を支払うシステムですから、無給の場合は納める必要がなくなりますから、そのような問題は生じません。

続きを読む

PageTop