FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「想定外の雪」で考える

昨日、事務所近くのスーパーに買い物に行ったら、商品の棚で空いている箇所が一部に見られ、雪の影響による物資の流通不足なんだろうなと思いました。
こういう時になくなるものの一つにトイレットペーパーがあります。昨日も品物はあったけれど、いつもより数が随分減っていました。
私は、東日本大震災以来、日用雑貨品については常に必ず一つのストックがあるようにしているので、こういうときに買いだめに走ったりはしません。
夫婦二人だけの暮らしということもありますが、足りないのなら私は買うのをご遠慮しても大丈夫と思います。
食べ盛りのお子さんや赤ちゃんのいるご家庭は物資が不足するといろいろ大変だろうな、それよりも何よりも想定外の雪の被害を直接受けていらっしゃる方は、大変なんて生易しい言葉を使うのも申し訳ないような気持ちがします。
震災以来、「絶対」はないと思うようになり、スーパーの棚から物が消えてもそれほど驚かなくなりました。
ただ、雪というのは重みがあり建物の倒壊に結びつくというところは、雪に不慣れな私たちは普段はなかなか思い至らないことで気をつけなければいけないんだなとあらためて思いました。

続きを読む

PageTop