FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

高速バス運転手の過酷な状況

3日朝、北陸自動車道のサービスエリアで、高速バスが停車中のトラックに衝突して運転手と乗客一人が死亡し、乗客20人余りの負傷者を出した事故が大きく報道されています。
昨日ぐらいから、事故当時の詳しい話や運転手の勤務状況なども報道され始めました。
その中で、運転手は11日連続して勤務していたが、法律では2週間に1日休めばよいことになっているので、法的な問題はないと報道されています。
バスやタクシー、運送業等の自動車運転手の労働時間については、通常とは違っていて、「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」というのが平成12年に労働省から告示として出されています。
運送業などでは倉庫での待機時間や深夜も走り続けるなどがありますので、労基法にある1週40時間、1日8時間の労働時間をあてはめるのは無理があるということなのでしょう。
この基準については、以前、私も必要があって熟読したことがあるのですが、とても分かりにくいです。
まず、労働時間については、「労働時間+休憩時間+その他使用者に拘束されている時間」を全部ひっくるめて「拘束時間」として、最大16時間とするが車庫待ち等でいくつかの要件にかなえば、そうでなくてもよい、など、一度読んだぐらいではさっぱりわかりません。

続きを読む

PageTop