FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

客観的事実の報道

このところ「日本のベートーヴェン」と言われた作曲家が、自分では一切作曲していなかったとか、「リケジョの星」と騒がれた女性研究者が中心となって作成した論文に、写真の使い回し、他の論文の無断引用、実験結果についての記述が論文中と再現実験をしたときの結果と違うなど、いくつかの疑問点があり、共同研究者が論文取り下げを呼びかけるなどの異例な事態となったりのニュースがありました。
いずれもメディアで本人の業績というより本人の周辺事情を大きく取り上げたというところで似ている感じがします。
作曲家ならその曲そのものを客観的に評価すればいいし、科学者なら作成した論文や行った実験等について客観的に評価すればいいのだと思います。
そんなことを思うのも、関与先でちょっとした問題があり、私が担当者に「感情的になってはだめですよ。客観的事実をみて、会社として客観的事実を積み上げることです。依拠するのは法令と就業規則です」なんてことを言い続けたからです。

続きを読む

PageTop