FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働力人口減少の穴埋め

先週、内閣府が今後50年の労働力人口の減少について発表しました。
女性や高齢者の活用が進んでも1170万人の減少、女性の活用などが進まなければ2782万人も減少するとしています。
労働力人口とは、15歳以上の人のうち現在職をもって働いている人と、職を求めている人(完全失業者)の合計で、学生や家事専業などで職を持っていない人や職を持つ気のない人を除いた人口です。
今後、日本は人口減少社会になるわけですから、減っていくのはまあ当たり前のことだといえます。
内閣府の発表では、最も悲観的な状況の場合42%の減少、女性が今のスウェーデン並みに働き、60歳以上の人が引退年齢を5年引き上げたとしても18%減るとしています。
だから、女性や高齢者を活用しないと大変なことになりますよ。と言いたいんでしょうか。
このグローバルな時代、まして、50年後、減った穴埋めは外国人がしてくれるのではないかなと私は思います。

続きを読む

PageTop