FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

求人票と労働条件が違う場合のホットライン

厚生労働省は、ハローワークの求人票と実際の労働条件に違いがあった場合の相談窓口として、「ハローワーク求人ホットライン」を開設しました。(参照)
平成24年度の調査結果が同時に発表されていますが、ハローワークへの苦情件数は7783件です。多い順に、賃金(26%)、就業時間(18%)、選考方法、応募書類(13%)、職種内容(11%)雇用形態(9%)、休日、社会保険・労働保険(ともに8%)となっています。
求人票より良い条件であれば誰も文句を言いませんから、すべて書かれていたより悪かったということなのだろうと思います。
周知用リーフレットには「賃金が低い」「仕事の内容が違った」「正社員のはずが非正規だった」などの例が挙げられています。

続きを読む

PageTop