FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

首相はやっぱり明治時代に戻りたい?

労働契約は労働者が使用者に労働力を提供して、それに見合った賃金を得るという契約関係です。本来は対等の関係であり、契約自由の原則により条件は互いの合意により決めることができます。しかし、「雇い、雇われ」という関係では、どうしても労働者側は弱い立場となります。
雇ってほしい、また雇われた後でも失業したくないという思いがあるので、言いたいことも遠慮してしまうという関係になりがちです。
それを放置していると、低賃金、長時間労働、使用者の思惑や経済情勢による簡単な解雇などが横行することになります。
実際、明治、大正、昭和の労働基準法などの法整備が進んでいなかった頃は、劣悪な労働環境が当たり前のように存在していました。悪徳職業紹介事業者などもいて、中間搾取、強制労働など労働者受難の時代があり、そのような時代を経て、憲法の基本的人権の保障とあいまって、今日の労働者を保護するという労働法の精神が発展してきたわけです。
安倍政権はまさにその精神を踏みにじろうとしているのだろうかと思うようなことが報道されています。

続きを読む

PageTop