FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

育児のための短時間勤務のときの手当減額

連休明け後、私事でちょっと忙しかったり、仕事でも考えなくてはいけないことなどができて、久しぶりの更新となってしまいました。
昨日、所属する社労士会研究会で話題になったことをちょっと書いておこうかと思います。
現在、育児・介護休業法では、3歳までの子を養育する労働者が請求した場合は、短時間勤務を認めなければなりません。
法的には、一日6時間勤務の措置を作り、それ以外に会社の実情に応じて、正規の就業時間より短い時間帯で労使で取り決めて働くことができることになっています。
7時間や7時間半でもよいということです。
その場合の賃金は「ノーワーク・ノーペイ」の原則に従い、減額してもよいと考えられています。基本給は働かなかった時間に見合って減額するとして、では、各種手当はどうでしょうか。

続きを読む

PageTop