FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「残業代0」法案に疑問あり

「残業代0」法案なるものが私にはどうもわかりません。それに対する違和感については過去記事にしました(参照)。
労使の合意により賃金を働いた時間ではなく成果で支払うとするやり方は、現行法の枠内でもできなくはない。基本的に労働契約は民事的な契約であり、契約自由の原則があるから。しかし、本来対等であるべき契約当事者の関係が、労使関係に限るとなかなか「対等」にはなれない。雇う方に比べ、雇われる方はどうしても立場上言いたいことが言えなくなりがちだから。
というわけで、労働基準法をはじめとする各種労働法で使用者に対して様々な義務を課しています。
法定時間外労働をした場合の割増賃金もその一つで、労働時間の原則はあくまでも1日8時間、1週40時間を守るために、割増賃金を課して一定の歯止めとするというような考え方だと思います。

続きを読む

PageTop