FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

社員の特許が会社のものになるらしい

政府は、社員が仕事で発明した特許を現行の「社員のもの」から「会社のもの」にあらためるように法律を改正する方針を固めたと報道されています。
昨日の残業代0もそうですが、企業よりの政策をどんどん押し進めていくようです。
特許法では、職務に関する発明を「その性質上当該使用者の業務範囲に属し、かつその発明をするに至った行為がその使用者等における従業者等の現在又は過去の職務に属する発明」と規定しています。
会社の設備、資金、補助者などを利用して業務としてなされた発明と考えることができますが、判例では、会社の指示とは関係なく会社の設備を使って発明したことも職務発明としたものがあります。
そのような発明により取得した特許は、社員ひとりの力で成し遂げられたものではなく、使用者からの資金、資材、設備、人員等の提供により成し遂げられると考えられますので、「相当な対価」により会社が特許の権利を譲り受けることができます。

続きを読む

PageTop