FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「残業代0」法案に対する疑問

現政権はいろいろと閣議決定をなさいますが、「残業代0」法案も閣議決定したとのことです。
働いた時間ではなく、成果で給料を支払うシステムにするとのことです。これを最初に聞いたときには、結構違和感がありました。
労働契約は民事的な契約であり、自由な私人間の契約です。働いた賃金について成果で払うというやり方をしようと思えば今でもできます。本来「お上」が口出しすることではないはずです。もちろん、労働時間の原則1日8時間、1週40時間という枠があり、それを超えたら割増賃金の支払い義務があることは法律で決まっています。
しかし、変形労働時間制、みなし労働時間制、裁量労働時間制などがあり、条件にかなえば原則から外れることもできます。
そもそも、何故労働時間の枠ができたのか。日本の長時間労働に世界から圧力がかかり、労働時間を少なくする方向に法整備をしたはずです。過労死や長時間労働により心身を病む労働者のことが問題となっているのに、またぞろ、長時間労働を推進するような法案が出てくるとは驚きます。

続きを読む

PageTop