FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「女性の登用」と言うけれど

男女雇用機会均等法が最初に成立したのは昭和60年、その後名称変更や改正がありましたが、かれこれ30年たちます。
遅まきながら、このところ政府はさかんに「女性の活用」と言いだし、経団連もそれに呼応する形で役員企業47社の女性登用計画をまとめたと報道されています。そのうち6割の27社が女性管理職の登用計画などの数値目標を定めているそうです。
私は、民間企業よりむしろ政治の分野でのクオーター制(女性に一定割合を割り振る)の方が、先に行われるべきだと思いますが、全くその動きはないようです。
都議会の5割が女性議員だったら、くだらないセクハラやじなどはなかったと思います。
だいたい、「女性の活用」ってなんか抵抗を感じる表現です。活かして用いるというと、何となくいいように利用されるような気がして、まあ、政府が言いだしたのも少子高齢化でせっぱつまり、社会保障の担い手をとにかく増やしたいという思惑なんでしょう。この機会に、意欲と能力のある女性がどんどん登用されるのであれば、それはそれでよいことだと思います。
しかし、長時間労働や家庭の事情も関係なく全国(場合によっては世界)に異動させられ、常に成果を求められるという働き方を強いられるのでは、ちょっとご遠慮しますという女性もいるでしょう。

続きを読む

PageTop