FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

多様な正社員はいいけれど

政府はこのところ、盛んに「多様な正社員」を推奨していて、短時間や、職種限定、地域限定などの正社員制度をもつ会社も大企業を中心に増えているようです。
厚生労働省の調査では、制度を導入している企業の理由は、優秀な人材確保、従業員の定着を図る、ワークライフバランスの支援と、並んでいますが、その後に多いのが、「賃金の節約のため」とか、「賃金以外のコスト削減」とか、「繁閑の差に対応するため」などという理由が並んでいます。
割合としては、上の三つに比べて少ないので、そう問題にすることもないとは思いますが、職種限定や地域限定で賃金を減らすのは、私はちょっと違うのではないかなと思っています。
短時間勤務などで、減った時間分の賃金を減らすのは問題ありません。地域限定も職種限定も会社はどこでも行ってくれて、何でもやってくれる人がいいのだから賃金減らしても当たり前ということなのでしょうが、賃金というのは、会社の言うことなんでも聞くから高く出すではなく、会社の業績に貢献するから高くだすわけですよね。

続きを読む

PageTop