FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

派遣先会社にも男女雇用機会均等法が適用

厚生労働省の「非正規雇用の現状と課題」という調査によると、派遣社員として働いている人は100万人余りで、非正規雇用者全体の中の6%と少数派ですが、大企業ばかりではなく、中小企業でも派遣社員を見かけるようになりました。
派遣社員が雇用契約を結ぶのは派遣元の人材派遣会社なので、派遣先会社はその人に対する事業主として負担すべき労働保険料や社会保険料を負担しないてすみますし、正規社員として雇った場合に生じる責任がなくなり、忙しいときにお手伝い的に仕事をしてもらうという感覚で派遣してもらうことも可能です。
大企業などでは、派遣社員の存在が常態化していて派遣社員なくして仕事が回らないという場合も多いようです。
当ブログでは、経営者は人に仕事をしてもらって利益を上げる以上、雇った人に責任を持つべき、人を物のように動かすのは心情的に賛成できないという立場で、高い専門的スキルを持ち、本人が強く望む場合を除いて派遣という制度は反対だとの立場をとってきました。

続きを読む

PageTop