FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

派遣法改正から同一労働・同一賃金への道

政府は派遣法改正を今国会で成立させたい方針と報道されています。
しかし、相次ぐ閣僚の政治資金不正使用問題で、すんなり通るかわからない、野党は時間切れでの廃案を狙っているらしいとも報道されています。
リーマンショック後派遣社員の総数は減り、現在は100万人余りらしいですが、一度派遣社員になってしまうと、短期間での契約更新を繰り返すため不安定であり、その間のキャリアが評価されないため正社員に就職するのが難しく、何年、何十年と派遣社員を続ける人もいるようです。
改正案が通ると、派遣元と無期契約の派遣社員は制限期間なく派遣できますし、3年の制限期間を超えても人を変えればそのままその仕事は派遣社員にやってもらうことができることになり、事実上派遣の人も仕事も固定化される可能性があります。
そんな中、民主党と維新の党は派遣社員の待遇改善のために正社員と同じ仕事をしている派遣社員は同じ給料を払う、「同一労働・同一賃金」となる法案を提出する予定と報道されています。

続きを読む

PageTop